[読者の声]キーワード検索HOME
工作舎に寄せられた感想・リクエストを掲載します。last modified at 2008.12.9


十人の読者へ
ちょっと遅いですが、以前にお送り いただいた目録について感じたことを 簡単にではありますが書きます。
「十人の読者へ」を読んで疑問が晴れました。 工作舎の本を手に取るたびに友だちと 「誰が買うんだ?! 売れるのか?!」 と心配(?)していました^^;
「手にとってほしい10人を想う」こと。 そのお気持ちから勇気を分けてもらって いたんだと気づきました。
いつか『ライプニッツ著作集』を購入したい と思います。
また『理科系の文学誌』など、 挙げるとキリがないようですが 絶版になった本の復刊お待ちしています。 できましたら入手困難なものから・・。 (『全宇宙誌』など、など)  (M.I)


リクエスト
季刊でもなんでも構わないので、雑誌をつくってほしいと願っています。今は専門的でない面白い人文学の雑誌がありません。バックナンバーを漁るばかりです。 でもなにより工作舎が末永く続いてくれることを願っています。 (S.T)


気まぐれ古書店紀行
ここ数年昔からある古書店が何軒も店を閉じていて---もちろんブックオフなどにもそれなりに面白味はありますが、何か体の中に穴が開いた様な喪失感を感じることが多いだけに、岡崎氏の毎回のレポートとレポートされる町に羨望を禁じえないというのか、口惜しい思いを味わっています。それはともかく岡崎氏とは同世代ということで本に対する思い入れやスタンスが素直に伝わって来ることが私にとって最大の魅力なのかも知れません。(T.S)

気まぐれ古書店紀行
岡崎氏の書き込みが楽しくて、読み出すと止まらなくなてしまいました。センスの良いふわふわした文章が実に快く胃袋におさまります。こういう御本にめぐり逢ってますます古本が好きになりました。(H.K)

気まぐれ古書店紀行
8年分の連載をまとめられたのに、ずっしりとした厚みの反面、嬉々として古書店めぐりをしている岡崎さんのフットワークのかろやかさがどのページからも伝わってくるようです。書き込みのアイデアもGood! 石丸澄子さんの装画も上品なユーモアがあって申し分なし。(K.M)

奇蹟の医の糧
難解な文章が多い中で、このパラケルススの翻訳は、とても内容に引き込まれました。是非、第3の体系書『奇蹟の医術』の出版を切望して居ります。(K.M)

奇蹟の医の糧
パラケルススの本を初めて読みました。ドイツ医学の底力をあらためて認識しました。パラケルススの他の本も読んでみたいです。(Y.O)

ヒューマン・インフォマティクス

エディトリアル・デザイン、イラストレーション等、従来の書籍と異なる新たな価値を感じる。内容だけでなく表紙デザイン、活字体、レイアウト、構成など素晴らしい。工作舎の本を読んだのは初めてであるが、何かすごく魅力を感じる。(R.O)

宇宙を叩く
『マンダラの世界』『アジアの宇宙観』『宇宙を呑む』に連なる刊行ですが、「さすが杉浦氏」とうならさせる内容、構成、装丁です。(Y.U)

カオスの自然学

すばらしい内容でした。訳も分かりやすく、著者の別の著作『水と人間のリズム』も是非翻訳出版して頂きたく思います。(Y.S)

動物の発育と進化
難しい、進化に関する本を集中的に読んでいますが、この様な内容の本は今までになかったと思います。どしどし良い本を紹介して欲しいと思います。(M.N)

子宮癌のおかげです
著者である渥美先生と同疾患で手術をしました。術後に偶然、先生の本を知り、取り寄せて頂き、一気に読み終えました。術前、せめて去年のうちにこの本と出会っていたらと思いました。看護職という立場でなく、一患者として共感することも多く、世の中にもっと言いたいことがあったから。(C.I)

植物の神秘生活

三上氏の『木の葉のテレパシー』を読んでいたので、植物は人より高度な能力を持っていると信じていたけど、具体的に言葉や音楽にこれほど反応するとはとあらためて植物がいとおしくなりました。(S.W)

記憶術と書物
西洋中世の印刷文化・写本文化の研究をしております。歴史学出身のためこれまで目を配ってこなかったのですが、古典学や文学の研究成果の中に大いに刺激になるものが多数含まれており、本書のテーマは今後一層伸長されるように思います。(T.O)

地球生命圏
ああこういう物の見方もあるのか、と思い、新しい考え方を得たように感じる。訳文はよくこなれていて読み易いと思う。(H.T)

全宇宙誌の続編
かつての『全宇宙誌』の続編を出版願いたい。出版後、新たな情報が増えていることと『全宇宙誌』も付録が未完のままだったこともあり、期待も込めて、要望したい。コストの問題もあるだろうが、あのレベルで出版できるのは御社しかないだろう。宇宙関係の書籍の充実も合わせて望みたい。  K.S


茶室とインテリア
デザインに関する書籍を探しに本屋へ行きます。デザインと何らかの関係など、この『茶室とインテリア』のように意外な接点があったんだなと、そういう発見を見たい、読みたいです。日本ということにすごく興味があります。お年玉袋がページに印刷されて自分で切りとって使う本がありました。創りながら読む、見る本があるとうれしいです。楽しく読めるでしょう。  K.H


奇蹟の医の糧
パラケルススの名は、ルネサンス期に於ける近代化学の開拓者の一人として、また一風変わった転換期の思想家として、若い頃から知っていましたが、彼の代表作の一つをこうして日本語で読めるようになるというのは、15、6世紀の西洋古典を幅広く読んでいる私にとって、まさに大きな喜びであります。『奇蹟の医の糧』は、私の書斎のルネサンス期関連の書籍の中にあって、必ず特異な存在となっていくことでしょう。  O.K


大ザッパ論(3)
大山甲日氏の大ザッパ論(3)の発刊の予定はありますか? 強く希望します。  J.O


セコード「ビクトリアン・センセーション」を訳出してください。  S.Y

ブックマップ
『ブックマップ』を手にとってからとても興味を抱きました。内容はもちろんのこと装丁からレイアウトも細部までこだわっていて、とても面白いです。御社の本は、“知の創造”という言葉がぴったりだと思います。  K


ブックマップブックマッププラス
ブックマップ、ブックマッププラスを愛読しております。ぜひ、さらに新しいブックマップを作ってください。期待しています。  T.M


ムットーニ・カフェ
今日、品物届きました。迅速な対応に感謝しています。まだ仕事中なのでビデオは見 ていませんが、本のほうは思ったとおり素敵なものでした。工作舎の本は稲垣足穂 「一千一秒物語」を古本市場で手に入れて以来だと思います。。工作舎のHPの方もこ れからは時々覗くようにします。またなにか面白そうな出版物があればMAILででも知 らせて頂ければ幸いです。どうも有難うございました。  T.K


遊バックナンバー
待ってました!見つけるのが遅すぎた!






読者の声2002-04
30周年、ニューサイエンス、書店――30周年読者の声
30周年読者の声
私の人生を変えた本――タオ自然学  松島 凡(日本出版販売 ネット事業部)
工作舎のエッセンス――オデッセイ1971-2002  平野雅彦(松岡正剛主宰 ISIS編集学校・師範)
復刊リクエスト
『全宇宙誌』復刊リクエスト


読者の皆様の工作舎の書籍への感想、リクエスト等は、info@kousakusha.co.jpまで。


HOMETOPMAIL